坐骨神経痛

当ラボの施術で、坐骨神経痛の痛みやしびれが楽になる理由とは?

当ラボの施術で、坐骨神経痛の痛みやしびれが楽になる理由とは?

当ラボでは、コロナ感染対策に取り組んでいます。
安心してご来院ください。

1,施術前に、お客様、施術者ともに手指の消毒を行います。
2,施術前に、お客様、施術者の体温を測り、平熱であることを確認いたします。
3,お客様一人ごとに、ベッドや道具の消毒をいたします。
4,定期的に喚起を行います。
5,院内環境の衛生管理を徹底いたします。
6,  施術者、スタッフ全員、高性能マスクを着用。

 

なぜ、どこに行っても良く
ならない症状がこんなにも
根本改善されるのか?

 

 

こんなお悩みは
\ありませんか?/

 

  • お尻から、太もも裏側、ふくらはぎ、足の裏の一部に痛み、しびれがある。または、全てに痛み、しびれがある。
  • 膝から下は、スネの外側、または前側が痛む。
  • どちらかというと、動いているときより、じっと座っているときのほうが痛い。
  • 長時間の車の運転が辛い。
  • しばらく座っていた後の、動き始めが特に痛む。
  • 朝、起きるときが最も辛い。
  • お風呂に入ると痛みが楽になる。
  • 夜、痛くてぐっすり眠れない。
  • 下肢の裏側、足がしびれていて気持ち悪い

 

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

多くのお客様から喜びの
お声を頂いております!

 

薬が効かない程の坐骨神経痛が回復!

お客様写真

整形で坐骨神経痛と言われ薬を飲んでも痛みは治まらず、何をしても痛いの連発でした。

カラコロに来て施術して頂いてからは、徐々に回復してきて今では痛いという言葉も出なくなり、日常生活が出来るようになりました。

本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

C.Y様 60代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

股関節痛と坐骨神経痛の痛みがなくなり、ウォーキングも出来るようになりました(^^)/

お客様写真

数年前に腰痛で整形外科で診てもらい、股関節が変形していると言われいずれは手術をする事になると言われました。痛みと付き合いながら過ごしていました。
今回孫を抱き上げた時に右のお尻から足にかけて強い痛みとしびれがあり、診てもらうことにしました。

股関節のゆがみと坐骨神経痛、夜、寝ていても痛く辛い毎日でしたが教えていただいたマッサージや体操を繰り返すうちに痛みがなくなり、ウォーキングもできるようになりました。

何より話を聞いて下さり丁寧に説明をしていただけるので、納得をしながら続けて行けるのが嬉しいです。一生自分の足で歩けるように頑張りたいと思います。

 

N.T様 50代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

坐骨神経痛が改善し、家事が出来るようになりました(^^)/

お客様写真

半年前よりぎっくり腰、右の坐骨神経痛、左の坐骨神経痛と歩く事が出来なくなり、このまま家事等が出来なくなる不安の毎日でした。

カラコロに通う様になり、徐々に物を持って歩ける事が出来、家事が出来るようになった時は、本当にうれしかったです。

いかに足の筋肉が大切かわかりました。

これからも先生の指導の体操をかかさず続けて、いつ迄も自分の足で歩ける体を保つ様にしたいと思います。

本当にありがとうございました。

M.T様 70代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

メディア紹介

当ラボは、健康雑誌に多数紹介されています!

インタビューを受けました(^^)/

富士市・富士宮市周辺の魅力を言葉で伝えるWebマガジン「ワーズワース」様からインタビューを受けました (^_^)/

詳細は、下記バナーをクリックしてください

高い知識と技術力

院長全国施術家専門
学校
技術指導しています

 

心肺蘇生法

インストラクター

 

院長開発した姿勢反射

促通インソンール

 

通常のインソールというと、歩く、走るといったことだけに対して作られています。

しかし、当ラボの「姿勢反射促通インソール」は荷物を持ち上げたり、あるいは、デスクワークなどで座っているときでも効果を発揮する完全オリジナルインソールです。

 

 

うつ自律神経障害有効
セロトニン活性療法認定調律師

 

その他にも、様々な資格を持ち、今でもセミナーに参加し研鑽を積んでいます。

整形外科や整骨院など、様々な治療院に行かれ、薬やブロック注射でもなかなか改善されず「もう治らないかもかも?(T_T)・・」と悩んでいるならば、

このHPを見ていただければ、今の辛い症状に対しても、回復の希望が持てるかもしれません。ぜひ、最後までご覧ください。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛の画像

お尻からモモの裏、ふくらはぎの裏にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状を「坐骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛は、頭痛や腹痛などど同じように症状を表す言葉で、病名ではありません。

いろいろな原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで痛みやしびれなどが起こります。

その症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経痛の症状ってどんなの?

坐骨神経に何らかのトラブルが起こると、お尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などのいろいろな症状が起きます。

よく見られる症状は、臀部から太ももの裏、ふくらはぎにかけての痛みや痺れです。

また、長時間座っている時や寝ている時に、臀部が圧迫されると痛みが増強し、歩いたり運動しているときの方が痛みが少ないという方が多いのが特徴です。

坐骨神経痛の原因って?

「坐骨神経痛」は症状の名前であって、病気の名前ではありません。

坐骨神経痛のどこでトラブルを起こすかにより、原因は変わってきます。

一般的には、若い方は、「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」が原因のことが多く、お年寄りは「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」が原因により坐骨神経痛の症状がでることが多いといわれています。

しかし実際には、「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」が原因の坐骨神経痛は多くはありません。

当ラボが考える、坐骨神経痛の原因とは?

上述のように、一般的に病院では「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」が原因のことが多いといわれています。

しかし実際には、画像で問題がないような、いわゆる原因不明の坐骨神経痛がたくさんあります。

では、どうして画像にも映らないのに、坐骨神経痛になるのでしょうか?

それは、神経が脊椎から出た先で、トラブルを起こしているからです。

結論から言うと、筋肉が神経を圧迫し、そして神経が炎症を起こし痛みや痺れが出現しているのです。

筋肉や神経の状態は、画像には映りにくいので、原因として考えられていないのです。

当ラボが考える「坐骨神経痛の起こり方」について、下の図で示します。

坐骨神経痛の起こり方について。坐骨神経痛は、筋肉が神経を締め付け、その部分で炎症が起こり、症状が出現する。

特に、トラブルが多いのが、梨状筋というお尻の筋肉周辺です。

右のイラストのように、坐骨神経は梨状筋の下から出てきます。通常、梨状筋が坐骨神経を圧迫しても痛みは出現しません。

しかし、圧迫された状態で体を使い続けていると、その部分に炎症が起こります。この炎症が痛みの原因となるのです。

筋肉の緊張が緩むと、圧迫が弱くなるので、痛みも軽減します。湯船につかっていると楽になるのは、筋肉の緊張が緩むためです。

 

あなたの症状は、どこに出ていますか?

坐骨神経痛の症状は、筋肉が神経を圧迫している場所により、痛みや痺れが出る場所が変わってきます。

下のイラストを参考に見てください。
1,お尻で神経が圧迫されると、お尻、モモの裏

2,モモの裏で神経が圧迫されると、ふくらはぎやすねの辺り

3,膝の裏で神経が圧迫されると、ふくらはぎや足の裏

4,ひざ下の外側で神経が圧迫されると、すねの外側

5,ひざ下の前で神経が圧迫されると、すねの前側や足の甲

これら1~5が単独、または複数重なって症状が出現します。

病院で行われている一般的な治療とは?

一般的には、

・薬物療法(鎮痛剤、ステロイド剤など)
・神経ブロック療法
・牽引
・コルセット
・物理療法(温熱療法、低周波療法など)
・手術療法

などが行われています。

これを見ている方の中にも、上記の治療を受けられた方がいるのではないでしょうか?

しかし、実際には、鎮痛剤やシップなどの痛み止めしか処方してくれないところも多いようです。

あなたは、どうでしたか?

 

当ラボの施術で坐骨神経痛が楽になる理由

関節や筋肉にストレスのかからない良い姿勢の獲得

坐骨神経痛の原因は、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄」、「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」などが代表的なものとして挙げられますが、どれも悪い姿勢、歪んだ姿勢により起こっているものと考えています。

そもそも、体の歪みが原因で坐骨神経痛が起こっているので、

全身の歪みを取り除くことから始めます。

全身の歪みをそのままにした状態で、いくらお尻や太ももの筋肉を緩めても、またすぐに戻ってしまいます。

 

特に最初は、お尻の筋肉を積極的に緩めていきます。自宅でも出来るようにセルフエクササイズも指導しています。

それにより、坐骨神経にかかるストレスが減り、坐骨神経症状が楽になっていきます。

セルフエクササイズ指導

次回の施術までに、歪みが戻ってしまっては元も子もありません。

当ラボでは、セルフエクササイズ、日常生活での注意事項を指導して施術効果を高めています。

姿勢反射促通インソールで体の歪みを防ぐ

さらに、日常生活や仕事中に体が歪まないように、当ラボオリジナルの姿勢反射促通インソールを作製いたします。

先ほども説明したように、次回までの施術の間に、歪みの戻りを防ぐように、セルフエクササイズを行ってもらいます。

しかし、仕事中にずっとセルフエクササイズを行えるわけではありません。

そのような時に、姿勢反射促通インソールが効果を発揮します!

インソールであれば、仕事中に履いている靴に入れておくだけで、歪みの軽減が図れます。

また、セルフエクササイズは意識して行わなければなりませんが、インソールならば無意識的に良い姿勢を保つことができます。

つまり、意識的にはセルフエクササイズ、無意識的にはインソールを併用することで、より高い施術効果が得られるのです。

※さらに、当ラボでは睡眠中の体の歪みを減らすための、枕指導も行っております。

運動・栄養指導

効果を高め、さらに維持していくために、運動指導、栄養指導を行っていきます。

坐骨神経痛の原因は一つではありません。当ラボでは、このように様々な原因に対して多角的に対応するため症状が楽になっていきます。

 

院長メッセージ

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の成瀬友貴です。

 

当ラボは、私自身が学生の時になった自律神経失調症で辛かった経験と、理学療法士として勤めていた病院時代、病院の中だけでは良くならない方がたくさんいることに気づいたことをきっかけに、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開業しました。

 

病院では、痛みに対して鎮痛薬や湿布、頭痛に対して頭痛薬、うつに対して抗うつ薬といった、いわゆる対症療法が多く行われています。これに対し、当ラボでは不調が発症する根本原因を的確に見つけだし、それに対して安全で安心できる施術を提供しています。そして、1日でも早く不調から解放され健康な体と心を取り戻せるようにサポートしています。

 

あなたの症状を改善に導き、カラダもココロが気持ちよく生活できるように、全力で対応いたします。カラダとココロは繋がっています。心身両面からの施術も、当ラボの特徴の一つです(カラコロ健康ラボの”カラコロ”は、カラダの”カラ”とココロの”コロ”を合わせた造語です)。

 

うつやパニック症、自律神経失調症、坐骨神経痛やばね指、手根管症候群など、病院では投薬治療しか行ってくれないところも多くあります。当ラボではこれらの症状であっても、体の施術を通して健康な状態へと導いていきます。

 

はじめての所は色々な不安があると思いますが、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。あなたのご来店を心よりお待ちしております。

最後に、、、

これを読んでいる多くの方が、病院では湿布と痛み止めの飲み薬、他の整骨院ではマッサージなど、今まで坐骨神経痛を改善するために様々な努力をしてきたのではないでしょうか?

それでも、なかなか良くならず、本当に良くなるのか?不安な気持ちでいっぱいのことと思います。

そのような方は、一度ご来店いただき、当ラボの施術を受けてみてください。

それでも、まだ不安だという方に、初回の施術を特別なご料金でご用意しました。

まずは、お試し価格で安心してお越しください。

ご予約は、電話、WEB、Line、メールでお受けしております。WEB、Line、メールでしたら24時間受け付けております。お客様の連絡の取りやすい方法でお申し込みください。

10月29日までに
\ご予約の方に限り/</