坐骨神経痛

当ラボの施術で、坐骨神経痛の痛みやしびれが楽になる理由とは?

当ラボの施術で、坐骨神経痛の痛みやしびれが楽になる理由とは?

当ラボでは、コロナ感染対策に取り組んでいます。
安心してご来院ください。

1,施術前に、お客様、施術者ともに手指の消毒を行います。
2,施術前に、お客様、施術者の体温を測り、平熱であることを確認いたします。
3,お客様一人ごとに、ベッドや道具の消毒をいたします。
4,定期的に喚起を行います。
5,院内環境の衛生管理を徹底いたします。
6,  施術者、スタッフ全員、高性能マスクを着用。

今、これを読んでいるあなたは、お尻やモモの裏側、ふくらはぎなどが痛くなったり、しびれたりしてとてもつらい状況だと思います。まずは、自分に当てはまる症状があるかチェックしてみてください。

  • お尻から、太もも裏側、ふくらはぎ、足の裏の一部に痛み、しびれがある。または、全てに痛み、しびれがある。
  • 膝から下は、スネの外側、または前側が痛む。
  • どちらかというと、動いているときより、じっと座っているときのほうが痛い。
  • 長時間の車の運転が辛い。
  • しばらく座っていた後の、動き始めが特に痛む。
  • 朝、起きるときが最も辛い。
  • お風呂に入ると痛みが楽になる。
  • 夜、痛くてぐっすり眠れない。
  • 下肢の裏側、足がしびれていて気持ち悪い

まずは、当ラボの施術で良くなった方たちの生の声をお聞きください。

薬が効かない程の坐骨神経痛が回復!

お客様写真

整形で坐骨神経痛と言われ薬を飲んでも痛みは治まらず、何をしても痛いの連発でした。

カラコロに来て施術して頂いてからは、徐々に回復してきて今では痛いという言葉も出なくなり、日常生活が出来るようになりました。

本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

C.Y様 60代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

股関節痛と坐骨神経痛の痛みがなくなり、ウォーキングも出来るようになりました(^^)/

お客様写真

数年前に腰痛で整形外科で診てもらい、股関節が変形していると言われいずれは手術をする事になると言われました。痛みと付き合いながら過ごしていました。
今回孫を抱き上げた時に右のお尻から足にかけて強い痛みとしびれがあり、診てもらうことにしました。

股関節のゆがみと坐骨神経痛、夜、寝ていても痛く辛い毎日でしたが教えていただいたマッサージや体操を繰り返すうちに痛みがなくなり、ウォーキングもできるようになりました。

何より話を聞いて下さり丁寧に説明をしていただけるので、納得をしながら続けて行けるのが嬉しいです。一生自分の足で歩けるように頑張りたいと思います。

 

N.T様 50代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

下肢のしびれが強く、もう介護の仕事は 無理かとあきらめていました(T_T)

お客様写真

昨年の12月腰に違和感と軽い痛みがあり、左足全体にシビレ、歩行時に左足を引きずるような感じがあり整形外科を受診(8年前に同じような症状で仕事をしていたら腰に冷や汗が出るくらいの痛みがあり椎間板ヘルニアで入院)。

かかりつけの先生からは“だいぶ頑張っちゃいましたね。骨と骨の間がだいぶきわどい所まできてます。治療としては薬(前回にも出された薬と今回は手術を回避するために使用する物で最初は弱いものを出すが、効き目のない時は強いものを出すが副作用がありますと言われる)と腰の牽引と電気治療、あと痛みが強いなら注射ですと言われ、休診日以外は毎日受診し慣れない薬に気持ち悪くなりながら続けていましたが全く効果なく、今までやってきた介護の仕事も無理なのかと半ばあきらめていた時、娘に誘われカラコロ健康ラボへ。

カラコロ健康ラボで、腰痛についての説明をしていただき、施術をしていただくと今までの左足先のシビレが軽減し、歩行時足を引きずるような感じもほとんどなくびっくりしました。仕事も続けても大丈夫ですよと言っていただき、今まで抱いていた不安もなくなり前向きな気持ちになれました。あとはしっかり通って腰痛を改善していきたいと思います。

S.H様 50代 女性 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

産後2か月、全身に痛みが出現し動けない状態に。施術直後から全身の痛みが軽減(^^)/

お客様写真

現在5ヶ月になる娘をもつ神奈川県在住の30代主婦です。 産後2ヶ月で首・肩・腰・膝と全身に痛みが出現して、身体が動かせなくなりました。首や腰もほとんど動かせなかった為、当時生後2ヶ月の娘が泣いていても満足に抱っこしてあげれず、オムツ替えも出来ず、常に家族のサポートが必須な状 況でした。

妊娠初期に医師から自宅安静の指示がでており、また妊娠後期には2ヶ月半入院していました。 妊娠中のほとんどの期間がベッドで安静にしていなければならなかった為、全身の筋力や体力、身体の柔軟性もかなり低下していました。 そこへきて産後、慣れない育児に追われるなかで全身的に痛みがでてきてしまいました。 この動かせない身体を早くどうにかしなければ! 生後間もない子どもがいるし無駄な時間は使えないので、確実に治るところに通いたい!! そう思った時、真っ先に頭に浮かんできたのが【カラコロ健康ラボ】さんでした。

施術していただいた直後から首がまわるようになり、全身の痛みも軽減しました。立ち姿勢や歩き方も見違えるほど良くなっていて、一緒にいた夫も改善度合いにびっくりしていました。 また会話の中から私の生活様式や育児の様子をくみとって下さり、授乳姿勢のアドバイスや生活上での改善点も教えていただきました。 施術の最後には自宅でできるホームエクササイズやセルフストレッチのメニューも教えていただき、育児の合間のリフレッシュとしても継続しています。 そのおかげで、施術から2ヶ月経った現在も順調に育児に励むことができています。

施術中、成瀬さんから『子どもが笑顔で育つ事ができる為には、まずはお母さんが元気で笑顔でいなきゃね!』と言われた言葉が印象的でした。 それまで育児に追われ自分の体調の事は二の次にしていた私…… ハッと気づかされ、またその言葉でなんだか心もほっと癒されました。 娘の為にも、まずは私が健康で笑顔でいられるように…… 県外在住のため、なかなか頻繁には通えませんが 育児の合間の息抜き&身体とココロの充電に、また行きたいです!! 私が良くなった様子を見た夫が、「次は俺も施術お願いしたいなぁ~」と……♪ 次回は夫婦揃って【カラコロ健康ラボ】さんにお世話になる予定です。 これからもよろしくお願いします。

T.T様 30代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

酷かった産後腰痛・手首の痛みが改善し、子供と散歩できるようになりました!

お客様写真

妊娠から腰痛があり、長時間の立位での家事や長い時間歩いたりすることが苦痛でした。

切迫早産で一か月ベット上での生活だったためか産後腰痛も悪化し、手首の痛みも出るようになってきました。子供をだっこして散歩したり、色んな所へ出かけたくても、腰が痛くて休憩しながらでないと大変でした。

カラコロ健康ラボで、骨盤のゆがみや姿勢をみて頂き、施術をして頂いた後は身体が楽になり、腰の痛みも軽くなり驚きました。

自主トレも教えて頂き、通えなくなった後も維持できる方法も教えてもらったので、継続して行っていきたいと思います。

最近では、長い時間、子供と散歩したり、ショッピングモール等に出かけられるようになり、腰の痛みをあまり気にならないようになってきて、私自身も気持ちも明るくなりました。

ありがとうございました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

どうですか?あなたも上記の方々のように、辛かった日々から解放され、1日でも早く気持ちよく過ごしたくありませんか?

整形外科や整骨院など、様々な治療院に行かれ、薬やブロック注射でもなかなか改善されず「もう治らないかもかも?(T_T)・・」と悩んでいるならば、

このHPを見ていただければ、今の辛い症状に対しても、回復の希望が持てるかもしれません。ぜひ、最後までご覧ください。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛の画像

お尻からモモの裏、ふくらはぎの裏にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状を「坐骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛は、頭痛や腹痛などど同じように症状を表す言葉で、病名ではありません。

いろいろな原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで痛みやしびれなどが起こります。

その症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

坐骨神経痛の症状ってどんなの?

坐骨神経に何らかのトラブルが起こると、お尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などのいろいろな症状が起きます。

よく見られる症状は、臀部から太ももの裏、ふくらはぎにかけての痛みや痺れです。

また、長時間座っている時や寝ている時に、臀部が圧迫されると痛みが増強し、歩いたり運動しているときの方が痛みが少ないという方が多いのが特徴です。

坐骨神経痛の原因って?

「坐骨神経痛」は症状の名前であって、病気の名前ではありません。

坐骨神経痛のどこでトラブルを起こすかにより、原因は変わってきます。

一般的には、若い方は、「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」が原因のことが多く、お年寄りは「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」が原因により坐骨神経痛の症状がでることが多いといわれています。

しかし実際には、「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」が原因の坐骨神経痛は多くはありません。

当ラボが考える、坐骨神経痛の原因とは?

上述のように、一般的に病院では「腰椎椎間板ヘルニア」と「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」が原因のことが多いといわれています。

しかし実際には、画像で問題がないような、いわゆる原因不明の坐骨神経痛がたくさんあります。

では、どうして画像にも映らないのに、坐骨神経痛になるのでしょうか?

それは、神経が脊椎から出た先で、トラブルを起こしているからです。

結論から言うと、筋肉が神経を圧迫し、そして神経が炎症を起こし痛みや痺れが出現しているのです。

筋肉や神経の状態は、画像には映りにくいので、原因として考えられていないのです。

当ラボが考える「坐骨神経痛の起こり方」について、下の図で示します。

坐骨神経痛の起こり方について。坐骨神経痛は、筋肉が神経を締め付け、その部分で炎症が起こり、症状が出現する。

特に、トラブルが多いのが、梨状筋というお尻の筋肉周辺です。

右のイラストのように、坐骨神経は梨状筋の下から出てきます。通常、梨状筋が坐骨神経を圧迫しても痛みは出現しません。

しかし、圧迫された状態で体を使い続けていると、その部分に炎症が起こります。この炎症が痛みの原因となるのです。

筋肉の緊張が緩むと、圧迫が弱くなるので、痛みも軽減します。湯船につかっていると楽になるのは、筋肉の緊張が緩むためです。

 

あなたの症状は、どこに出ていますか?

坐骨神経痛の症状は、筋肉が神経を圧迫している場所により、痛みや痺れが出る場所が変わってきます。

下のイラストを参考に見てください。
1,お尻で神経が圧迫されると、お尻、モモの裏

2,モモの裏で神経が圧迫されると、ふくらはぎやすねの辺り

3,膝の裏で神経が圧迫されると、ふくらはぎや足の裏

4,ひざ下の外側で神経が圧迫されると、すねの外側

5,ひざ下の前で神経が圧迫されると、すねの前側や足の甲

これら1~5が単独、または複数重なって症状が出現します。

病院で行われている一般的な治療とは?

一般的には、

・薬物療法(鎮痛剤、ステロイド剤など)
・神経ブロック療法
・牽引
・コルセット
・物理療法(温熱療法、低周波療法など)
・手術療法

などが行われています。

これを見ている方の中にも、上記の治療を受けられた方がいるのではないでしょうか?

しかし、実際には、鎮痛剤やシップなどの痛み止めしか処方してくれないところも多いようです。

あなたは、どうでしたか?

 

当ラボの施術で坐骨神経痛が楽になる理由

関節や筋肉にストレスのかからない良い姿勢の獲得

坐骨神経痛の原因は、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄」、「梨状筋症候群」、「仙腸関節炎」などが代表的なものとして挙げられますが、どれも悪い姿勢、歪んだ姿勢により起こっているものと考えています。

そもそも、体の歪みが原因で坐骨神経痛が起こっているので、

全身の歪みを取り除くことから始めます。

全身の歪みをそのままにした状態で、いくらお尻や太ももの筋肉を緩めても、またすぐに戻ってしまいます。

 

特に最初は、お尻の筋肉を積極的に緩めていきます。自宅でも出来るようにセルフエクササイズも指導しています。

それにより、坐骨神経にかかるストレスが減り、坐骨神経症状が楽になっていきます。

セルフエクササイズ指導

次回の施術までに、歪みが戻ってしまっては元も子もありません。

当ラボでは、セルフエクササイズ、日常生活での注意事項を指導して施術効果を高めています。

姿勢反射促通インソールで体の歪みを防ぐ

さらに、日常生活や仕事中に体が歪まないように、当ラボオリジナルの姿勢反射促通インソールを作製いたします。

先ほども説明したように、次回までの施術の間に、歪みの戻りを防ぐように、セルフエクササイズを行ってもらいます。

しかし、仕事中にずっとセルフエクササイズを行えるわけではありません。

そのような時に、姿勢反射促通インソールが効果を発揮します!

インソールであれば、仕事中に履いている靴に入れておくだけで、歪みの軽減が図れます。

また、セルフエクササイズは意識して行わなければなりませんが、インソールならば無意識的に良い姿勢を保つことができます。

つまり、意識的にはセルフエクササイズ、無意識的にはインソールを併用することで、より高い施術効果が得られるのです。

※さらに、当ラボでは睡眠中の体の歪みを減らすための、枕指導も行っております。

運動・栄養指導

効果を高め、さらに維持していくために、運動指導、栄養指導を行っていきます。

坐骨神経痛の原因は一つではありません。当ラボでは、このように様々な原因に対して多角的に対応するため症状が楽になっていきます。

 

高い知識と技術力(同業者や学生に対して講師をしています)

「姿勢反射促通インソール」は、当ラボで開発したオリジナルのインソール。

インソールというと、歩いたり、走ったりしたときに使うものという感じがしますが、

それだけではありません。まずは、下の動画をご覧ください。

お分かりいただけたでしょうか?

通常のインソールというと、歩く、走るといったことだけに対して作られています。

しかし、当ラボの「姿勢反射促通インソール」は荷物を持ち上げたり、あるいは、デスクワークなどで座っているときでも効果を発揮するインソールです。

つまり、宅配業者や引っ越し業者など重い荷物を持つ方や、普段座っている時間が長いデスクワーク主体の方にも効果が期待できるのです!

 

当ラボ所長の成瀬は、この「姿勢反射促通インソール」のセミナーを同業者向けに行っています。

昨年は、沖縄にも呼んでいただきセミナーを開催いたしました。

また、専門学校にも講師として呼ばれ、学生に対しても講義を行っています。

その他「姿勢反射促通インソール」だけではなく、腰痛や坐骨神経痛などの

セミナー講師も務めております。

また、国際救命救急協会の心肺蘇生法(CPR)のインストラクターも務めております。

毎年、富士生き生き病院にて、研修会を開催しております。

当ラボでは、25年の経験と高い知識・技術力で、安心・安全な施術を行っています。

最後に、、、

これを読んでいる多くの方が、病院では湿布と痛み止めの飲み薬、他の整骨院ではマッサージなど、今まで坐骨神経痛を改善するために様々な努力をしてきたのではないでしょうか?

それでも、なかなか良くならず、本当に良くなるのか?不安な気持ちでいっぱいのことと思います。

そのような方は、一度ご来店いただき、当ラボの施術を受けてみてください。

それでも、まだ不安だという方に、初回の施術を特別なご料金でご用意しました。

まずは、お試し価格で安心してお越しください。

ご予約は、電話、WEB、Line、メールでお受けしております。WEB、Line、メールでしたら24時間受け付けております。お客様の連絡の取りやすい方法でお申し込みください。

ご予約は、お電話、WEB予約、ライン、メールから

初回2,980円、2回目以降は6,500円です。
※継続通院をしやすくする回数券もあります。

ご予約は、お電話、WEB予約、ライン、メールから行えます。
当日予約は、お電話のみで受付
WEB予約、ライン、メール予約なら、24時間受付しています。

WEB予約

メールでの予約

お電話での予約