自律神経失調症

当ラボでは、コロナ感染対策に取り組んでいます。
安心してご来院ください。

1,施術前に、お客様、施術者ともに手指の消毒を行います。
2,施術前に、お客様、施術者の体温を測り、平熱であることを確認いたします。
3,お客様一人ごとに、ベッドや道具の消毒をいたします。
4,定期的に喚起を行います。
5,院内環境の衛生管理を徹底いたします。
6,  施術者、スタッフ全員、高性能マスクを着用。

 

なぜ、どこに行っても良く
ならない症状がこんなにも
根本改善されるのか?

 

 

こんなお悩みは
\ありませんか?/

 

 

  • 自律神経失調症が何年も続き不安を抱えている
  • 原因はストレスと言われ施術をしてもらえない
  • 1日中疲労感を感じている
  • 胸が締め付けられるように苦しい
  • 気候の変化で体調が崩れる
  • めまいや耳鳴りが頻繁に起きる
  • 薬が効かず精神科を紹介された

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

多くのお客様から喜びの
お声を頂いております!

 

心身不調で仕事もできない状態から復活!

お客様写真

去年の10月頃に心身共に不調・・・

仕事もできない状態に陥ってしまいました。

その頃、コロナから精神的に不安定になってしまう人達も、たくさん居たので心療内科や精神科も予約が1か月待ちと病院も行けず困り果てていました。

ネットでカラコロ健康ラボさんを知って少しでも何とかしてもらいたい一心で来院しました。

初診で緊張もしましたが、全身にチカラが入っていた感覚がすっと抜けるのを感じました。

初めからここに通う決心をしたのを今でも覚えています。

週に2回の診療でみるみる、心も体も軽くなっていきました。

今はライフスタイルの中に取り組むストレッチやちょっとした運動をすることによって日々楽しく過ごしています。

仕事も家事も大変なことはありますが前向きに!!楽しく!!心と体をほぐしながら自分と向き合っていきたいです。

セロトニン活性コース・・そして先生ありがとうございました。

M.N様 30代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

首・肩・背中のコリ・腕のしびれが治りました(^^)/

お客様写真

仕事で毎日重い物を持つ為、首、肩、背中のコリ、腕の痺れがひどく受診しました。
カラコロさんは、今の自分の状態をしっかり説明してくれ、原因や、普段の生活で気をつける事や、自分で出来る体操なども教えて下さるので、助かります。
今は月1回のメンテナンスに来ています。
今後も、自分の体と上手く向き合いながら、仕事を続けていければと思います。
これからも宜しくお願いします。

M.T様 40代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

頚部痛、肩甲骨周囲の不快感の症状が楽に!

お客様写真

「ここ最近、頚部~肩甲帯周囲の不快感、痛みが強くなり施術を受けました。
筋肉反射テストを用いた評価を通して、カラダの問題からココロの問題までを
関連付けてていねいに説明してもらえました。
施術中も自分で変化を体感できるように行ってもらえました。
また写真で変化がわかったのも良かったです。
セルフコンディショニングの方法も簡潔に教えてもらいました。
終わった時には体も軽くなり気持ちもすっきりしたように感じました。
セルフコンディショニングを継続して良い状態を維持できるようにしたいと思います。」

S.S様 30代 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

メディア紹介

当ラボは、健康雑誌に多数紹介されています!

インタビューを受けました(^^)/

富士市・富士宮市周辺の魅力を言葉で伝えるWebマガジン「ワーズワース」様からインタビューを受けました (^_^)/

詳細は、下記バナーをクリックしてください

高い知識と技術力

院長全国施術家専門
学校
技術指導しています

 

心肺蘇生法

インストラクター

 

院長開発した姿勢反射

促通インソンール

 

通常のインソールというと、歩く、走るといったことだけに対して作られています。

しかし、当ラボの「姿勢反射促通インソール」は荷物を持ち上げたり、あるいは、デスクワークなどで座っているときでも効果を発揮する完全オリジナルインソールです。

 

 

うつ自律神経障害有効
セロトニン活性療法認定調律師

 

その他にも、様々な資格を持ち、今でもセミナーに参加し研鑽を積んでいます。

 

精神科、心療内科など、様々な病院に行かれ、薬やカウンセリングでもなかなか改善されず「このまま一生治らないかも・・」と悩んでいませんか?

 

このHPを見ていただければ、今の辛い症状がどうして起こっているのか?そして、どうしたら良くできるか?が分かります。ぜひ、最後までご覧ください。

 

そもそも自律神経とはどういうものか?

私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。

この働きを担うのが自律神経で、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を自動的に調整しています。

自律神経失調症の症状はどういうものか?

自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣などが原因となって、自律神経のバランスに乱れが生じて、体や精神面にいろいろな症状が現れる状態のことです。

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。

その症状は、現れたかと思うと消えて、また現れたり、別の場所に症状が現れたり、同時に3つも4つも症状が現れることも珍しくありません。

自律神経失調症のよくある症状

・ひどい肩こり  ・めまい      ・耳鳴り
・微熱が続く   ・頭痛       ・便秘・下痢
・手足のしびれ  ・動悸       ・息切れ
・息苦しさ    ・焦燥感、不安感  ・ほてり

など、病院の検査では異常が見つからないのに、体や心に不調を感じます。

気候の変化・過労・生活環境の変化・ストレスなど、バランスが崩れる原因も様々で、気付かずに自律神経失調状態になっていることも少なくありません。

病院に行って検査をしても何も異常が見つからない時によく診断されることが多いのも特徴といえます。

自律神経症状を訴える方の特徴は?

自律神経の乱れが起きやすいのは『女性』です。

それは、女性ホルモンが関係しています。

特に40代後半の女性の方は更年期に入りますので心身のバランスがとても大事になってきます。

また、悩みすぎ、考えすぎ、ストレスが多いタイプの方、頑張り屋さん、几帳面な方、完璧主義な方なども自律神経を乱しやすいと言われています。

それでは次に、一般的に病院などで行われている自律神経失調症の治療法についてお伝えしますね。

自律神経失調症の一般的な治療方法とは?

自律神経失調症の治療には、大きく4つの療法があります。

①薬物療法 ・・・ 体の面から心身の症状を取り除く治療(薬による)

②心理療法 ・・・ 心の面から心身の症状を取り除く治療

③理学療法 ・・・ 体の症状を取り除く治療(指圧・マッサージなど)

④生活指導 ・・・ 生活習慣を見直す治療

症状などによって、いくつかの療法を組み合わせて行うのが、一般的な自律神経失調症の治療となります。

でも、実際には薬物療法しか行っていない病院も多いのが現状です。

あなたが通院している病院では、薬物療法以外の治療をおこなっていますか?

では次に、自律神経失調症に対して、当ラボではどのように考えているのかをお伝えしますね。

当ラボで考える自律神経失調症の本当の原因とは?

精神的ストレス(仕事や学校の人間関係、家族関係、親の死、借金など)や、身体的ストレス(腰痛、頚部痛、疲労など)などは、脳の機能を弱らせます。

脳の中では、情報を伝達するためにさまざまな神経伝達物質が働いており、そのうちセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの減少が自律神経失調症との関係が深いと考えています。

また、この3つの神経伝達物質の中でも特に、自律神経失調症と関係が深いのがセロトニンです。

ストレスはセロトニン神経を弱化させ、セロトニンの分泌を減らしてしまいます。

 

あなたは、しっかりとストレスコントロールできていますか?

セロトニン分泌量が減少する原因を以下に表で示します。

次に、セロトニンの5つの役割について説明していきます。

セロトニンの5つの働きについて

セロトニンは、

1,大脳皮質を覚醒させ、意識レベルを調整する

2、心の安定

3,自律神経の調整

4,痛みの抑制

5,姿勢の維持

の5つの働きがあるといわれています。

その他、セロトニンは音楽でいう指揮者に例えられ、先ほど紹介した「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」など神経伝達物質の調和を保つ役割があるといわれています。

つまり、セロトニンが減少すると調和を図る機能が低下するため、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」のバランスが崩れてしまいます。その結果、自律神経が乱れたり、うつになったり、パニック障害が出たりします。

施術について

まずは一般的に病院で行われている治療について説明していきます。

【一般的な病院での治療】

・薬物療法(抗うつ薬、抗不安薬や睡眠導入剤など)
・休養をとる(仕事をしている方は、休職を促される)

以上のものが一般的に多く行われています。

あなたも病院に行って薬をもらった経験があるのではないでしょうか?

しかし結局のところ、薬は症状を緩和させるのが目的で、完治を目指したものではありません。

したがって、薬をやめると、また症状がぶり返してしまいます。何年も薬を飲み続けている方が多いのはそのためです。

では次に、自律神経失調症に対して、当ラボではどのように施術をしていくのかをお伝えしますね。

 

【当ラボでの施術について】

先ほども、お伝えしましたが、当ラボでは、
①身体のストレス(痛みや歪みなど)の改善
②精神的ストレスの改善
③セロトニン神経の活性化
の3点の改善を図ることで負のループから脱却を図っています。

それ以外にも、セルフエクササイズや栄誉指導なども行っています。

まず、体の施術については、骨盤や肩甲帯、首の調整を行っていきます。

具体的な施術方法については、人により変わるのでここではお伝えいたしませんが、評価方法について少し触れたいと思います。

痛みがある部分に関しては、痛みがなくなれば良くなったとある程度良くなったと評価できます。

しかし、痛みがない場合は、良くなったかどうかが分かりにくい、実感しにくいのが現状です。

そこで痛み以外の部分で、良くなったのかどうかを、当ラボではこのようにして評価しています。

 

【身体ストレスについての評価方法】

腰痛や頭痛など痛みがある場合は、痛みがなくなったということで効果を評価できます。

しかし、実際は痛みがなくても体に問題のあることがほとんどです。

では、どのようにして評価するのか?

1つ目は、筋肉の硬さ、筋肉を押したときの圧痛を評価します。

2つ目は、筋肉の力の入りやすさ(筋出力)を評価します。

歪みのない良い姿勢の時には、筋肉は柔軟で、押しても痛みがなく、筋肉に力が入りやすい状態にあります。

これを、評価することで、痛い痛くないだけではなく、さらに歪みのない良い姿勢になったかどうかを評価できるのです。

この評価では、主に親指と人差し指の間の筋肉、胸の付け根の筋肉、首の筋肉を指標にしていきます。

そして、筋肉の硬さと同時に、筋肉に力が入りやすいかどうかも評価していきます。

施術前に緊張して痛かった筋肉が、施術後には緩んで、痛みもなくなり、さらに筋肉の力も入りやすくなっているので効果も実感しやすいと思います。

 

【精神的ストレスの評価方法】

精神的ストレスは、痛みや体の動きと違って、良くなった、変わらないなどの変化が分かりにくいものです。

当ラボでは、これを筋肉反射(筋肉の力の入り具合)で評価していきます。

これは、人間はストレスを感じると筋肉の力が入りにくくなるという性質を利用しています。

 

皆さんにも、こんな経験はありませんか?

やりたくない仕事をやるときや、嫌いな人に会わなければいけないときなどは体が重く感じ、好きな人や仲間と遊びに行くときや気分がいいときは、体が軽く感じる。

では、その時になぜ体が重く感じたり、軽く感じたりしたのでしょうか?本当に、体重が増減したのでしょうか?

これは、体重の増減ではなく、筋肉に力が入っているか、入っていないかによってそう感じているのです。

気分がいいときや楽しいときは、筋肉のスイッチがオンの状態になっています。また、嫌な仕事をしなければいけないときや、気が乗らないとき、人間関係にストレスを抱えているときなどは、筋肉のスイッチがオフの状態になっています。

つまり、仮に体重が50kgのままだったとしても、筋肉にスイッチが入っているときは50kgの体は軽く感じ、筋肉のスイッチがオフの時は50kgの体が重く感じるということです。

 

長くなりましたが、この性質を利用し、精神的ストレスを評価していきます。

具体的には、人間関係のストレスがある場合、苦手な人、嫌いな人を想像してもらうと、筋肉の力が入らなくなってしまいます。ストレスが軽減すると、同じことを想像しても筋肉の力が抜けなくなってきます。

このように、最初は力が入らなかった筋肉が、入るようになることで、ストレスも軽減が図れたと評価していきます。

セロトニン神経の活性化について

自律神経失調症の多くは、セロトニン神経弱化による分泌量の低下により起こっています。

これに対して、セロトニン活性療法によりセロトニン神経の強化とセロトニン分泌量増加を目指します。

 

【セロトニン活性療法について】

【科学的検証を行っている施術】

当ラボでは、セロトニン神経を整体により刺激し、神経自体を強くする施術を行っています。

この施術は、脳波を使って科学的な研究が進められている手法を用いています。

セロトニン神経はα2と呼ばれる周波数の脳波の時に活性化されることが研究からわかっています。

当ラボが所属している『セロトニン活性療法協会』では、身体のどの部位に、

どのように刺激をすれば、このα2周波数が出るのかを研究しています。

このように科学的検証をした研究結果をもとに、施術を行っております。

当ラボは、その『セロトニン活性療法協会』の認定資格、『セロトニン活性療法認定調律師』

の資格を取り施術をしております。

※平成30年8月末現在、静岡県では唯一の認定調律師となります。

【セロトニン活性療法についての論文が、医学系雑誌に掲載されました!】

セロトニンが身体や精神に良い影響をもたらしているのは事実です。

しかし、どのようにしたらセロトニン神経が刺激され、セロトニンが分泌されるかはまだ不明な部分が多いのが現状です。

当ラボが所属しているセロトニン活性療法協会では、どのような施術がセロトニン神経を活性化させるか科学的な検証作業を継続して行っています。

より科学的で、安心、安全な「セロトニン活性療法」を是非体験してください!

 

院長メッセージ

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の成瀬友貴です。

 

当ラボは、私自身が学生の時になった自律神経失調症で辛かった経験と、理学療法士として勤めていた病院時代、病院の中だけでは良くならない方がたくさんいることに気づいたことをきっかけに、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開業しました。

 

病院では、痛みに対して鎮痛薬や湿布、頭痛に対して頭痛薬、うつに対して抗うつ薬といった、いわゆる対症療法が多く行われています。これに対し、当ラボでは不調が発症する根本原因を的確に見つけだし、それに対して安全で安心できる施術を提供しています。そして、1日でも早く不調から解放され健康な体と心を取り戻せるようにサポートしています。

 

あなたの症状を改善に導き、カラダもココロが気持ちよく生活できるように、全力で対応いたします。カラダとココロは繋がっています。心身両面からの施術も、当ラボの特徴の一つです(カラコロ健康ラボの”カラコロ”は、カラダの”カラ”とココロの”コロ”を合わせた造語です)。

 

うつやパニック症、自律神経失調症、坐骨神経痛やばね指、手根管症候群など、病院では投薬治療しか行ってくれないところも多くあります。当ラボではこれらの症状であっても、体の施術を通して健康な状態へと導いていきます。

 

はじめての所は色々な不安があると思いますが、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。あなたのご来店を心よりお待ちしております。

10月29日までに
\ご予約の方に限り/

初回 2,980円
(体の問題 6,500円)
(心の問題 7,500円)

予約多数のため先着5名様のみ
→ あと 4

※当院では、コロナウィルス対策に
取り組んでおります。安心してご来院下さい
当院でのコロナウィルス対策の取組み>

ご予約は、お電話、WEB予約、ライン、メールから

初回2,980円、2回目以降は7,500円です。
(高校生以下は、5,500円)
※継続通院をしやすくする会員制度もあります。

ご予約は、お電話、WEB予約、ライン、メールから行えます。
当日予約は、お電話のみで受付
WEB予約、ライン、メール予約なら、24時間受付しています。

WEB予約

メールでの予約

お電話での予約

カラコロ健康ラボ

〒4180022静岡県富士宮市小泉544-2