セロトニン神経の活性化について

セロトニン神経の活性化について

うつ症状の多くは、セロトニン神経弱化による分泌量の低下により起こっています。

これに対して、セロトニン活性療法によりセロトニン神経の強化とセロトニン分泌量増加を目指します。

 

【セロトニン活性療法について】

【科学的検証を行っている施術】

当ラボでは、セロトニン神経を整体により刺激し、神経自体を強くする施術を行っています。

この施術は、脳波を使って科学的な研究が進められている手法を用いています。

セロトニン神経はα2と呼ばれる周波数の脳波の時に活性化されることが研究からわかっています。

当ラボが所属している『セロトニン活性療法協会』では、身体のどの部位に、どのように刺激をすれば、このα2周波数が出るのかを研究しています。このように科学的検証をした研究結果をもとに、施術を行っております。

当ラボは、その『セロトニン活性療法協会』の認定資格、『セロトニン活性療法認定調律師』の資格を取り施術をしております。

※平成30年8月末現在、静岡県では唯一の認定調律師となります。

【セロトニン活性療法についての論文が、医学系雑誌に掲載されました!】

セロトニンが身体や精神に良い影響をもたらしているのは事実です。

しかし、どのようにしたらセロトニン神経が刺激され、セロトニンが分泌されるかはまだ不明な部分が多いのが現状です。

当ラボが所属しているセロトニン活性療法協会では、どのような施術がセロトニン神経を活性化させるか科学的な検証作業を継続して行っています。

より科学的で、安心、安全な「セロトニン活性療法」を是非体験してください!