『セロトニンの役割とは?』で5つの働きについて説明しましたが、

 

セロトニン最大の役割は、これらだけではありません。

セロトニン最大の役割、

 

それは、、、、

 

ノルアドレナリン、ドーパミンなどの脳内神経伝達物質の

分泌量を調整する役割があるという事です。

 

つまり、セロトニンはオーケストラの指揮者の様に、

他の脳内神経伝達物質の調和を図っているのです。

セロトニンの分泌が、ノルアドレナリンやドーパミンが

出すぎたり、出なさすぎたりしないように調整しているのです。

 

うつ病の方は、このセロトニンの分泌が少なくなるために、

ノルアドレナリンやドーパミンが過剰分泌などを起こし、

不安になったり、怒りっぽくなったり、イライラしたり、

無気力になったりするわけです。

 

ですから、セロトニン神経を刺激する、『セロトニン活性療法』が

効果を発揮するのです。ご予約お申込みは下記よりお願いします。

 

スマートフォンのお客様は、下記の電話番号をクリックして今すぐご予約を!