最近では、『セロトニン』を幸せホルモン等と呼び、脚光を浴びつつありますが、

セロトニンの働きについてはあまり知られていないようです。

今回は、セロトニンの働き、役割について述べてみたいと思います。

まず、セロトニンの5つの働きについてです。

1、大脳皮質を覚醒させる作用があります。
2、心を安定に保つ作用があります。
3、自律神経を調整する働きがあります。
4、痛みを抑制する働きがあります。
5、抗重力筋を刺激し、姿勢を保つ働きがあります。

つまり、セロトニンが分泌されている時は、気持ち的には落ち着いた状態で、

頭はスッキリしていて、体の痛みもなく、しっかりと力が入り、

体が軽く動きます。

 

また、セロトニンの作用として最も重要なものとして、

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなどといった

脳内神経伝達物質の調和を図る作用があります。

何らかの原因で、セロトニンの分泌が少なくなると、ドーパミンや

ノルアドレナリンなどの分泌量が過剰になりすぎたり、

少なくなりすぎたりといったことが起こるようです。

 

その結果、イライラしたり、うつになったり、パニック障害になったり、

対人恐怖症になったりといったことが起こります。

また、神経伝達物質のバランスが乱れることにより、自律神経も乱れ、

様々な自律神経症状を引き起こすこともわかってきています。

 

自律神経症状を呈している方はたくさんいますが、

これを、改善する方法としては、①体の歪みを治し(体から起こる

セロトニン神経へのストレスを減らす)、②セロトニン神経を刺激し、

筋トレの様にセロトニン神経を鍛えていくことです。

 

自律神経症状、精神的な症状でお悩みの方、是非ご相談ください。