当ラボにはぎっくり腰になってお見えになるお客様が結構います。

ぎっくり腰にも程度があるので一概には言えませんが、

だいたい、1回の施術で7、8割くらいの痛みが改善しています。

軽いぎっくり腰の方なら、その日のうちに痛みがなくなってしまいます。

その差は何か?

それは、関節に炎症があるかないかだと考えています。

ぎっくり腰で、関節に炎症がある場合は、1回の施術ですべて改善とはいきません。

炎症を起こしている関節の動きを改善させることが目的となりますが、

痛みが強く、筋肉の緊張が取れないお客様が多いので、まず筋肉の緊張を取り除きながら、

骨盤の調整を行うことで関節の動きを出していきます。

そうすることで、骨盤や腰の関節の動きも改善がみられるようになります。

この時点で、関節にまだ問題が残っているようでしたら、関節に対して直接アプローチしていきます。

この状態まで持っていけると、通常7,8割の痛みは改善していきます。

一例として、写真の様に施術前(左)は身体が前に倒すことが出来なくても、施術後(右)はここまで倒せるようになります。

しかし、この時点でも炎症はまだ残っているので完全には痛みは取りきれません。

最後の2,3割の痛みは、関節や筋肉をいい状態で使っていることで自然と回復してきます。

初回施術後3日ぐらいするとさらに良くなってきますが、

まだ炎症は残っていますので、何かの拍子に少し痛むという事はあるかもしれません。

初回施術後1週間で再来院して頂き、経過と腰の状態をチェックし、

残りの問題の改善を図っていきます。

最終的に、炎症が落ち着くには10日から2週間かかります。

初回施術後2週間でもう一度通院して頂き、姿勢、関節、筋肉に問題がないか

チェックしていきます。

通常、1回目の施術で7,8割改善し、その後もだんだん痛みが改善しいくため、

2回目以降の施術に来なくなってしまう方が時々います。

ですが、その様な方たちは、しばらくするとまたぎっくり腰になっていしまうことも多いようです。

炎症の改善とともに、しっかり関節、筋肉、姿勢の問題を改善しておかないと、

またぎっくり腰になってしまうことも多いのです。

当ラボでは、痛みが取れたからよかったではなく、

今後もぎっくり腰にならないような体作りをおこなっています。

したがって、ぎっくり腰の施術に関しては最低3回が基本となります

(それ以降は、ぎっくり腰の程度、改善具合によって変わってきます)。

ぎっくり腰の施術は、早ければ早い方が改善も早く済みます。

ぎっくり腰になったら、すぐにご連絡ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。