カラコロ健康ラボ主催 1DAYセミナー開催のお知らせ
~入谷式理論に基づく姿勢改善パッド療法(入門予備編)~

今回、カラコロ健康ラボでは、入谷式理論に基づく姿勢改善パッド療法(入門予備編)を開催いたします。入谷式理論に基づく姿勢改善パッド療法(以下、入谷式姿勢改善パッド療法)には、いくつかのコースがありますが、入門予備編から順番に受けて頂きます(白帯編を受けるためには入門予備編、または、下記の②、③のセミナーを受講していることが条件となります)。

入門予備編 ⇒ 白帯編 ⇒ 緑帯編 ⇒ 茶帯編(今後開催予定)

【各コースの内容】
入門予備編:足部の機能解剖、触診、筋硬結・筋出力を指標とした評価法ついて
白帯編:ベースパッド(アーチ部分のパッド)を中心としたインソール作製について
緑帯編:入谷式カウンター理論を用いたインソール作製について

来年、令和2年2月16日(日)に岡部プロフットサポートの岡部敏幸先生をお招きして、入谷式姿勢改善パッド療法(白帯編)の開催を予定しております。

この2月16日のセミナー(白帯編)の対象者は、下記①、②、③のいずれかの研修会に参加したことがある方になります。
①入門予備編(今回の研修会)に参加される方

②身体運動学的アプローチ研究会静岡支部主催の入谷式足底挿板療法導入編に参加したことがある方(毎年4月頃、静岡徳洲会病院で行っている研修です)。
③入谷式足底挿板の本コース(初級・中級・上級)に参加したことがある方。

※上記②、③の研修会に参加したことがない方は、今回の入門予備編に参加することで、白帯編に参加することが出来ます。

【入谷式姿勢改善パッド療法について】
 インソール作製について、ハードルが高いと感じている方も多いようです。その要因の1つが、院内にグラインダーの設備がないという事。また、評価が歩行分析を中心とするため、経験の浅い方はなかなか評価ができないというのもハードルを高くしている要因のようです。入谷式姿勢改善パッド療法では、これらの問題をクリアーしています。

 入谷式姿勢改善パッド療法の最大の特徴は、その評価方法にあります。通常インソールを作製する場合は、歩行分析を中心に評価を行いますが、歩行分析は経験が必要で評価があいまいになりがちです。また、介助歩行レベルの方では、何度も歩かせることが出来なかったり、介助しなければいけないため歩行分析自体が行えないという事もあります。

入谷式姿勢改善パッド療法では、評価のおよそ8割を座位、立位にて評価を行うため、歩行介助レベルの方であっても評価を行うことが出来ます。また、歩行分析以外に、筋硬結、筋出力を指標として評価するため、歩行分析が苦手な方でも評価を行うことが可能となります。そして、グラインダーを使用しないため、パッドさえあれば病院内に限らず、グラウンドでも作製可能なのも大きな特徴の一つです。また、足部の骨の一つ一つに対してパッドを貼り調整を行っていくので、グラインダーで削るよりも、より細かな調整が可能となります。

【日  時】
 令和1年12月15日(日)
 10:00~17:00(受付9:30~)

【会  場】カラコロ健康ラボ
(富士宮市小泉544-2)
 アクセスはコチラをクリックしてください。

【講  師】成瀬友貴(
カラコロ健康ラボ)

【参加資格】PT、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師などの有国家資格者で、
入谷式姿勢改善パッド療法(インソール療法)を勉強したい方

【募集人員】10名

【内  容】足部の機能解剖、触診、筋硬結・筋出力を指標とした評価、
距骨下関節、第1列の評価とパッドの張り方など


【受 講 費】8,000円(当日受付にてお支払い下さい)

【服  装】触診しやすく、動きやすい服装(ジーパン、スカート不可、膝が見える格好)

【持 ち 物】インソールをパッドに貼りつけますので、カップインソールと靴、ハサミ、
黒いパッドに印が書けるペン、定規、
昼食を各自持参してください。
         インソールはなるべく新品のカップインソールをお持ち下さい。

【懇 親 会】研修終了後、18時頃より会場周辺で行います。参加費5,000円程度の予定。

【申込方法】

下記の”お申し込みはこちら”をクリックし、
必要事項を記入してお申し込みください
※返信の関係上、携帯アドレスからのお申し込みはご遠慮ください
(携帯アドレスからのお申し込みは受け付けいたしませんのでご了承ください)

※お一人1メールアドレスよりお申し込みください。

【問合せ先】

〒418-0022 静岡県富士宮市小泉544-2
カラコロ健康ラボ 成瀬友貴 宛
TEL/FAX:0544-57-9019 (14時~20時の間で対応)
お問合せは出来る限りE-mailでお願い致します。
下記のアドレスまで、お問い合わせください。
seminar.reha@gmail.