3月24日(日)に、松戸整形外科病院の遊佐隆先生をお招きして、
肩関節セミナーを開催いたしました。

現在、遊佐先生は松戸整形外科病院の副院長、リハビリテーションセンター長、
NPO法人 日本PNF協会理事長、日本肩関節理学療法研究会副会長など、
役職も多く、ご多忙中にも関わらず、快くお引き受けいただきました。

また、数週間前にアキレス腱断裂、手術というアクシデントもありましたが、
セミナーは全て予定通りに行っていただきました。

今回の研修では、肩甲骨、肩甲上腕関節のどちらに問題があるのか?
また、問題の仮説をしっかり立てる重要性を教えていただきました。


参加者に書いていただいたアンケート結果では、ほぼすべての人から、
研修内容に満足していただき、臨床で使えるという感想をいただきました。